お役立ち情報 池袋TOWN情報の記事一覧

池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心
池袋は、新宿渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店専門店飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。
西口方面には東武百貨店ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店池袋パルコサンシャインシティ豊島区役所等がある。
池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであ…
駅西口には東武百貨店メトロポリタンプラザ丸井東京芸術劇場立教大学などがあり文化・芸術の香る街である。また居酒屋など飲食店が密集するロマンス通りや西一番街中央通りなどにライブハウス映画館などがあるロサ会館池袋演芸場などもある。メトロポリタンプラザの西南には、日本で最初にケーキブッフェを始めたことで有名なホテルクラウンプラザ・メトロポリタン東京がある。南西エリアは、木々の茂る西池袋公園や立教学院本部、中学校や小学校があり、西池袋2丁目~4丁目、目白3~5丁目にかけて閑静な住宅町が広がる。
西口の顔東武百貨店は、売り場面積都内一・食品売り場面積は日本一の百貨店である。レストラン街SPICE…
駅東口には西武百貨店パルコサンシャインシティビックカメラヤマダ電機豊島区役所などがあり、東口一帯に繁華街が広がる。駅からグリーン大通りを進むと左手にサンシャイン60ビルやトヨタアムラックスが見えてくる。サンシャインシティ方面へ延びるサンシャイン60通りは、飲食店映画館ゲームセンター等も多く、休日は歩行者天国になっている。このサンシャイン60通り沿いや、三越の西側には歓楽街が広がり、キャバクラストリップ劇場、風俗店などがある。
パルコP'パルコ、サンシャインシティアルパ&アルタなどがある。 池袋はまたジュンク堂書店(本屋としては日本一の大きさを誇る)、リブロなどの都内屈指の書店激戦…
南北に伸びる池袋駅が池袋の街を東西に分断しているため、東口・西口の区分に比べると北口・南口エリアの使用頻度は低い。
北口は歓楽街が広がり、多くの飲食店やキャバクラ風俗店などが立ち並び、新宿歌舞伎町に似た雰囲気をかもし出している。また、中華物販大手の知音本店や池袋陽光城、華文書店、その他多くの中華料理店などを中心に中華系の店がおよそ200店舗点在しているため池袋チャイナタウンとも呼ばれるミニ中華街が形成されている[2]。また、ビックカメラ池袋北口店は東京における第一号店として進出してきたが、現在は西口の丸井スポーツ館跡地の池袋西口店に移転している。そして、東西池袋を繋ぐ歩行者専用の地下通路(自転…
サンシャインシティは池袋ランドマーク的役割を果たしている。巣鴨拘置所(のち小菅に移転し東京拘置所となった)跡に建設され、1978年昭和53年)4月6日にサンシャイン60が竣工し、展望台のオープンとオフィス・テナントの入居を開始、約半年後の10月5日にプリンスホテルを除く全館が竣工しグランドオープン(街開き)を迎えた。
2008年2月から3月にかけ、三菱地所がサンシャインシティの株式の公開買付を実施し、全発行株数の59.59%を取得、同年3月25日に同社の連結子会社になった。
展望台の高さ都内一のサンシャイン60を中心に、複数のビルや地下街・専門店街で構成される。オフィスや専門店街を中心とする商…

特集 - 借りる

借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

店舗情報

オーナー・法人の方へ

お役立ち情報